夜空にあにめな日々

あにめの感想や色々な雑記を書き綴ります。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.01.30 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2007.03.30 Friday

武装錬金 26話の感想です

 武装錬金の26話「ピリオド」の感想です。(ネタばれ注意)










 ついに最終回っ。
 なかなか感動的でしたよ。
 

 
 パピヨンはやっぱり天才でしたねぇ
 まさかホントに白い核鉄を作っちゃうとは思わなかった。
 しかもたったの一ヶ月で……。
 さすがは蝶人……。
 ものすごいことをあっさりやってのけてくれましたね。


 白い核鉄を必死に守ろうとするパピヨンの姿勢には感動したなぁ。
 斗貴子さんの攻撃から身を挺して白い核鉄を守るんですもんね……。
 かっこよすぎです。




 その反面、パピヨン戦の斗貴子さんは空回りしまくりでしたね……。
 口論でも負け、白い核鉄に驚かされ、パピヨンのこのセリフを聞かされ……、
 「貴様は武藤カズキを、諦め切れるのか
 泣いてましたね……。
 せっかく怖い斗貴子さんが復活したと思ったのに、あっという間に泣き虫に逆戻りかぁ……。





 んで、パピヨンが見上げた月に見えたもの。
 サンライトイエローの光……。
 カズキの武装錬金の光。
 いやぁ、ようやく主人公の登場ですよ。
 前回登場しなかったカズキがようやく現れてくれましたね。
 それにしても、カズキの武装錬金の『サンライト』って言葉がここに来て使われるとはなぁ。
 にくい演出ですね〜。




 そんで、バスターバロンで宇宙へと飛び立つ。
 バスターバロンめっさすごいですね。
 毒島さんと火渡戦士長の武装錬金をあわせると宇宙にも行けるんですか。
 なんだか宇宙戦仕様のロボットみたい。かっこいいかも。(笑)




 それにしても、びっくりしましたよ。
 カズキとヴィクター、飲まず食わずで一ヶ月間戦い続けてたんですね
 すごい生命力〜。
 しかも勝者はヴィクターみたいですね。あらら。
 それでもカズキは頑張ってましたけどねぇ。



 地球からの迎えが来たとき、ヴィクターを置いていかなかったところはカズキらしくて良いなぁ。
 ヴィクトリアのことをようやくヴィクターに伝えてましたね。
 タイミング遅すぎますよね……。戦う前に教えてあげれば良いのに……。



 

 そしてついに、斗貴子さんとカズキの再会
 地球をバックに二人が抱き合う……。
 くぁぁ〜、ラブラブですね〜。一心同体とか言ってますね〜。
 なんだかすっごく壮大なシーンだなぁ。
 それにしても、シルバースキンの防御力はホントにすごいですね。
 宇宙環境にも対応してるんですか……。
 良い武装錬金だなぁ。


 
 
 帰ってきたカズキは早速白い核鉄で元に戻る……。
 今回は何の躊躇いもなく使いましたね。
 刺さった刃を抜き取って血を吐くパピヨンがなかなかいけてた。
 こっそり泣いてる剛太も良かった。
 そして……、


 「決着をつけよう。武装錬金っ」
 

 ってなわけで、カズキとパピヨンの決着がようやくつくわけですな。
 オープニングテーマを流しながらの戦闘は見てて楽しかったなぁ。
 あんまり豪快な動きとかは無かったですけどね。
 個人的な一番の見所はカズキが斗貴子さんの武装錬金を使ったところかな。
 戦闘でも二人は一心同体なんですね。もう〜、ラブラブですね〜。(笑)



 勝負はカズキでしたね。
 でもとどめは刺さなかった……。カズキらしいなぁ。
 パピヨンはその後の世界を満喫してる感じでしたね。
 いろんなメディアに取り上げられてるし。
 やたらと大人気だなぁ。
 以前のハンバーガーショップにも出入りしてるみたいだし〜。
 東京タワーの上からの「もっと愛をこめて」ってセリフはなかなかきまってましたよ。





 そういえば、せっかく元に戻ったヴィクターがホムンクルス化しちゃいましたね。
 娘のためだろうか……。しかも月に行ってるし。
 なんだかちょっぴり悲しい親子愛だなぁ。(涙)
 ホムンクルスを人間に戻す方法が見つかったら、地球に戻ってこれるのかな。
 錬金戦団には頑張って欲しいですな。



 

 

 最後のエンディングテーマで漫画っぽいのがありましたね。
 あれ、なかなか面白くて好きです。
 斗貴子さんの傷とか耳とかうなじとかを触りたいカズキ……。
 やは〜、やっぱりラブラブだ。
 桜花先輩もなかなか良いキャラしてた。斗貴子さんとの、
 「あらあら。仲の良いコト」「オマエ眼科行け!」
 とかカズキとのやりとりとかは桜花先輩らしくて好きですよ。


 そういえば、何人かの武装錬金は回収されてなかったですね。
 御前、シルバースキン、二アデスハピネス、毒島さんの武装錬金。
 そして、ついに毒島さんのガスマスクがはずされましたっ。
 なんか彼女、めっさ可愛いんですけどっ


 剛太もちょい出てましたね。彼の心の叫びは良かった。
 「わかる。すっげェわかる」
 彼もカズキの気持ちが分かるらしいです。(笑)


 最後の最後で、カズキが夕暮れの屋上でちゃんと傷に触ってるところが良かったな。
 やっぱりラブラブだ。





 いやぁ、それにしても楽しめた最終回だった。
 こんなにすっきりした気分で見終えることができた作品なんて珍しいなぁ。
 綺麗にまとまってた作品でした。
 『武装錬金』は今期のアニメの中でも一番好きかな。
 原作の漫画の方にも興味が湧いてきましたよ。
 この作品の中で個人的に好きになったキャラクターは……。
 ブラボーと桜花先輩かな。
 他にも魅力的なキャラが多くて選ぶの大変ですけどねぇ〜。
 個人的に一番好きだった話は、カズキ対ブラボーの二戦目でした。
 う〜ん、ホントに楽しめたアニメだった〜。




 

2007.03.23 Friday

武装錬金 25話の感想です

 武装錬金の25話「代わりなどいない」の感想です。(ネタばれ注意)










 う〜ん。暗いお話だった……。
 まぁ主人公がいなくなったんだから、みんな悲しむわな……。
 個人的にカズキとヴィクターの戦いが一瞬たりとも映らなかったのが悲しいっす。
 あの二人、まだ生きてるのかな
 どっちが強いのかな。
 月を何度も見上げるのに、カズキ達が映らないのはちょっとなぁ〜。
 





 岡倉とかブラボーとか、みんなやたらと悲しんでましたけど……。
 斗貴子さんはかなり重症だったみたいですね
 入院してたし、退院しても暴れてるし。


 びっくりしたのが、錬金戦団の基地にあった「DANGER ROOM」の存在。


 なんすかあれ?
 ものすごくたくさんのホムンクルスがいたような……。
 しかも、あれは模擬戦らしいですね……。
 ちょっとびっくり。
 錬金の戦士はあのホムンクルスと戦って強くなるのかな。
 あのホムンクルスはどっから連れてきたんだろ……。
 ま、まさか戦団でホムンクルスを量産してたりとか……。
 どうなんだろう。なんだかすっごく気になるんですが。
 さりげなく次のシーンに移ってしまったので、よく分からないですね。






 
 錬金戦団は何やら転換期を迎えてるみたいですね。
 活動の凍結かぁ。
 賢者の石も作ってないのになぁ。
 まぁ月に飛んでった二人へのけじめとか言ってるからしょうがないのかな。
 




 斗貴子さんはちょっと元気になったと思ったらパピヨン討伐を申し出てましたね。
 アゲハ蝶を見てパピヨンを思い出すとは……。
 斗貴子さん的には、パピヨンはアゲハ蝶並みに優雅に飛んでるのかな。
 そういや、斗貴子さんの戦闘服ってセーラー服なんですね。
 わざわざ着替えシーンがあったから何を着るのかと思ったら、いつものセーラー服。
 何か特別な思い入れでもあるのかな。
 戦団の制服みたいなのは着ないのかな。
 



 パピヨン討伐には、斗貴子、剛太、秋水君、桜花先輩で挑むんですね。
 秋水君たちまでついてくるなんて驚きかも。
 特に桜花先輩はあんまし戦闘得意じゃなさそうなのになぁ。
 まぁ彼女の武装錬金は強力ですけどね。
 それにしても、ちょっと前まで共闘してたパピヨンを討伐か……。
 う〜ん、パピヨンは食人衝動もおさまってるのに何故に討伐を……。
 な〜んか残酷〜。
 



 パピヨンはパピヨンで、
 「予約のない客には相応の出迎えを用意してある」とか言ってましたね。
 ヴィクトリアは予約してたのかいな?
 そもそもパピヨンに予約ってどうやるのっ?
 


 斗貴子さんたちを出迎えた面々はびっくりでしたね。
 昔倒したホムンクルスたち……。
 でも……、う〜ん……、雑魚でしたね。
 

  
 んで、カズキの代わりにパピヨンと決着をつけにきた斗貴子さん。
 「代わりなどいない。貴様にはいるのか。武藤カズキの代わりが」
 「代わりなどいない」ってパピヨンのセリフなんですね。
 タイトルになってるくらいだから斗貴子さんが言うんだと思ってた。
 そういえば、パピヨンってカズキがいなくなったらものすごく落ち込んでましたね。
 カズキがいない世界なんてつまらないとかなんとか言ってましたよ。
 ん〜、もともと敵だったのに、随分と良い感じのキャラになったなぁ。
 




 次回は最終話。
 どんな展開になるんだろ。
 カズキの出番はあるのかな。
 斗貴子さんやパピヨンとかも気になりますね。
 あと今回全然出てこなかったまひろも出番があると良いなぁ。



2007.03.16 Friday

武装錬金 24話の感想です

 武装錬金の24話「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」の感想です。(ネタばれ注意)









 いやぁ〜、熱いね、お熱いねっ。
 カズキと斗貴子さん、人目もはばからずにちゅ〜だなんて〜〜。
 もう〜、大胆ですね〜〜〜。(笑) 
 横から覗いてたまひろの反応も面白いですよね。
 決戦前なのに、和やかだなぁと思いましたよ〜。




 大戦士長の武装錬金「バスターバロン」はやたらと強かったですね。
 何……、サブコクピットの搭乗員の武装錬金を使えるって……。
 強力すぎますね……。
 秋水君大活躍だし。
 


 でもヴィクターも強力でしたね。
 口からビームを吐き出す攻撃とか怪獣っぽい技だったなぁ。
 しかもあのでっかいヴィクターはただの海の生物の残骸だったんですね……。
 なかなかやるなぁ。



 結局、錬金戦団はヴィクターに敗れ去りましたね……。
 戦部さんの武装錬金でバスターバロンを再生とかできなかったのかな。
 忍者さんの武装錬金で逃げるとか……。
 まぁやっぱりブラボーがいないのは痛かったですね。
 彼がいたらヴィクターの攻撃も防げたかもしれないのに……。





 んで、カズキの白い核鉄の用途についての決断内容がやっと分かりましたね。
 まさか白い核鉄をヴィクターに使って、自身は仮死状態になろうとしてたとは……。
 パピヨンにおんぶにだっこって感じですね。(笑)
 それにしても、パピヨンはホントに天才ですね。
 どうやって仮死状態になる装置とか作れたんだろ。



 まぁ結局使われることはなかったんですけどね。
 パピヨンと剛太の援護攻撃からのカズキ、斗貴子の突進は感動的なくらいかっこいい連携だったけどなぁ。


 「二アデスハピネス」「モータギア


 「貫け、俺たちの武装錬金


 この連携攻撃はかっこよすぎますね〜。
 でも肝心の白い核鉄が第3段階のヴィクターにいまいち効力を発揮できませんでしたね……。
 残念……。
 斗貴子さんの手を振り解いて飛び去るカズキがせつないのぅ……。
 「エネルギー全開」をすると月まで飛べるんですね……。
 カズキのパワーはホントにすごいなぁ……。




 あ〜、それにしても残された斗貴子さんが可哀想ですね。
 こんな結果になっちゃうんなら、無理矢理にでもカズキに白い核鉄を埋め込んじゃえば良かったかもなぁ。
 まぁそんなの難しいことでしょうけどね……。



 空に向かって叫ぶ剛太とパピヨンはなかなかいけてましたね。
 剛太……、初登場時から比べると随分かっこいいキャラになったなぁ。
 さすがはカズキの戦友であり、恋敵だなぁ。



 そういえば、カズキって白い核鉄の話とかヴィクターの家族の話とかをヴィクターに全然してあげないんですね。
 なんだかそれはそれで悲しい……。
 ヴィクターの奥さんも死んじゃったしなぁ……。
 そういやヴィクターの娘って、自らの意思でホムンクルスになったわけじゃないんですね……。
 むは〜、なんか残酷な話やねぇ……。
 そりゃヴィクターも娘さんもひねくれるわなぁ。





 余談……。
 まひろの浴衣姿とお面のかぶりかたが可愛かったっす。
 千歳さんの普段着姿もかなり綺麗でしたね。
 千歳さん……、なんで戦闘には出なかったのかなぁ……。
 あと、ぜひともバスターバロンで潜水艦とか戦闘機になれるあの三人の武装錬金を使ってみて欲しかった……。
 どんなふうになるんだろ。
 

2007.03.09 Friday

武装錬金 23話の感想です

 武装錬金の23話「BOY MEETS BATTLE GIRL」の感想です。(ネタばれ注意)









 う〜ん……。
 なんか意外と地味な話だったなぁ。
 個人的にはもっとこう……、カズキの葛藤が見れるかなぁと思ってたのに……。
 ドロドロ悩むカズキを見てみたかったのに……。
 まぁ久々に血が飛び交ったりしない平穏な生活が見れましたけどねぇ〜。





 とりあえずまひろの先制パンチはきいたなぁ〜〜。(笑)
 兄貴の帰還を喜んで胸に飛び込むと思ったのにっ。
 カズキも妹を受け止める準備万全だったのにっ。
 まさか斗貴子さんに飛びつくとはっ。
 まひろもなかなかやりますよね。
 とどめにこんなセリフまで言うんですもんね〜。


 「あ、お兄ちゃんもお帰り


 何!? 何!? このついでみたいな扱い?(笑)
 お兄ちゃん泣いてますよ?
 かなりショックだったみたいですよ?
 あぁ〜、やっぱりこういうノリは良いなぁ。
 平和な感じだなぁ。







 斗貴子さんとカズキがカキ氷食ってるシーンも良かったですね。
 カズキの思い出話も良かったですし……。
 何より告白としか思えないカズキのセリフが良かったですね。



 「俺は斗貴子さんと一緒に未来をみてみたい


 「そうだな。私も君と未来をみてみたい



 斗貴子さん、顔真っ赤〜〜〜。(笑)

 いやぁ、若いって良いですなぁ。初々しいですなぁ。
 絶妙なタイミングでの「照れてる?」ってツッコミも冴えてましたねぇ。


 斗貴子さんを照れさせたのはカズキなのに〜。(笑)


 照れ隠しにカキ氷を食べる斗貴子さんがなんとも可愛いですね。
 それに付き合うカズキも良いですけどね。
 二人して猛スピードでカキ氷食べて、二人して頭痛に襲われる……。(笑)
 なんとも楽しそうなカップルですね〜。






 
 岡倉は遊園地好きなのに、意外と怖がりでしたね。(笑)
 まひろに抱きつくほどジェットコースターが怖かったですか。
 お化け屋敷でも絶叫してましたね。
 一番遊園地を満喫してるって感じでしたねぇ。
 まひろは怖いのは平気みたいですね。
 お化け屋敷で笑ってましたよ。


 



 カズキが白い核鉄について決意をしたのはこの後でしたね。
 遊園地から一人で帰ってました……。カラオケに付き合わずに。
 個人的に斗貴子さんの歌を聞いてみたかったけど……。
 まぁしょうがないか。
 カズキは夕暮れの屋上でようやく決心したらしいです。
 結局どんな結論出したのか分からないところがもどかしいですね。
 斗貴子さんとの会話は良かったけど……。
 なんかチュ〜〜〜してましたね。(笑)

 キスにいくまでのセリフは妙に恥ずかしかったな。
 二人ともあんなセリフを真顔で言うとは……。
 


 
 そういや、今回はいろんなキャラが出てましたね。
 桜花先輩が元気に学校に来てました。しかも御前も学校にいるし。
 ブラボーも意識を取り戻したみたいで良かった〜。
 千歳さんはやっぱり看病してましたね。錬金の戦士なのにヴィクター戦に出なくて大丈夫なのかな。
 剛太はなかなか渋いこと言ってましたね。
 パピヨンは核鉄を作ろうとしてるのかな。完成すると良いなぁ。



 ヴィクターは最後にちょっとだけ出てましたね。
 なんかものすごい数の戦闘機とか船に襲われてましたね。
 なんだか大戦争になってる感じだなぁ。
 あの部隊は全部錬金戦団のものかな。だとしたらものすごい兵力ですね。


2007.03.02 Friday

武装錬金 22話の感想です

 武装錬金の22話「決断を要す」の感想です。(ネタばれ注意)












 ヴィクターの奥さんと娘さん登場・・・。
 う・・・、うわぁ・・・。
 なんて・・・、なんて・・・、



 なんて長生きしてる一家なんでしょう〜〜〜。



 一家そろって年齢100歳超えてますねぇ〜



 まぁヴィクターは眠ってる期間が長かったですけどね。
 奥さんのアレキサンドリアさんはすごいですね。
 いくら体が動かなかったからって、脳みそをクローン増殖して生きますか・・・。
 そもそも、どうやって脳みそをクローン増殖したんだろ・・・。
 日本に来るのも大変ですよね、体が動かないんですからね・・・。





 
 娘さんのヴィクトリアはツンツンな感じでしたね。
 御前様曰く、「ちっちゃいくせして態度でかい」らしいです。

 御前様はもっとちっちゃくて、もっと態度でかいですけどね・・・。(汗)



 それにしても、彼女っていろいろ苦労したんだろうなぁ。
 父親は変貌しちゃったし・・・、大暴れするし・・・、
 母親は重症で看病しなきゃいけないし・・・。
 幸せだった家庭が一瞬にして崩壊?
 そりゃー、やさぐれちゃったりしますよねぇ


 でもホムンクルスになるなんてなかなか尋常じゃないですね・・・。
 ホムンクルスになると人間食べたりしますからねぇ。
 あぁ・・・、ホムンクルスになって母親の看病をしてる彼女がなんか痛い感じだ・・・。
 どんな気持ちだったんだろうなぁ。
 

 そういや、ヴィクトリアの武装錬金は変わってる感じでしたね。
 あれのどこらへんが武装なんだろ・・・。
 でもまぁ、隠れる分には最高の武装錬金ですけどね。
 錬金嫌いの彼女が使ってるだけあるなぁ・・・。




 



 カズキはようやく光明が見えた感じですねぇ〜。
 斗貴子さんもほっと一安心?
 でもここでまたしても問題がっ。
 ヴィクター化を止めるための白いカクガネは1個しかないらしいですねっ。
 あらら・・・、可哀想。
 せっかく助かると思ったのに。
 あの白いカクガネは、本来ヴィクターのために作ったものだからなぁ。
 優しくて甘〜い性格のカズキが使えるのかねぇ。
 まぁその変の葛藤は楽しみなところではありますね。
 あ、でも今回のことでパピヨンのヴィクター化は遠ざかりましたね・・・。
 彼の目的は果たせなくなったなぁ・・・、なんか可哀想かも?
 






 ヴィクターは何やらでっかくなりましたね
 大戦士長の武装錬金と同じくらいになってましたよ。
 エネルギードレインしまくると、あんなにでっかく成長・・・、というか進化しちゃうのかいな・・・。
 あ〜、あんなふうになっちゃうとますます悪役な感じがしますね。



 そういや、錬金の戦士の皆さんはほとんど活躍らしい活躍が無かったですね。
 毒島さんと火渡戦士長のコンボは凄かったですけどね。
 やっぱりブラボーがいないのはキツかったか・・・。
 ブラボーのシルバースキンは強力だからなぁ。
 そういえば、今回千歳さんを見なかったような・・・。
 彼女はブラボーの看病で忙しいのかな。
 個人的に千歳さんの武装錬金にも興味があったんですけどね・・・。




2007.02.23 Friday

武装錬金 21話の感想です

 武装錬金の21話「GONE INTO FLAME」の感想です。(ネタばれ注意)







 

 いやぁ〜、驚いたっすねっ。
 火渡戦士長・・・、思ってたよりも怖い人じゃなかった〜。
 もっと悪役な感じだと思ってたのになぁ・・・。
 



 周囲500メートル、瞬間最大5100度の炎か・・・。



 火渡戦士長の武装錬金ってやたらと威力強いですね・・・。
 人間も一瞬で蒸発らしいですよ〜。
 怖いですね〜。
 一瞬ですよっ、一瞬・・・。




 ってブラボーが蒸発したぁぁぁぁぁ




 ぎゃぁぁ・・・。
 



 「斗貴子・・・、カズキ・・・、生きろよ


 なんてセリフを最後に炎に消えたブラボーはかっこよすぎ〜。
 でもでも・・・、あんたは生きないのかぁぁぁ。





 いや、そもそもブラボーさんブラボーさん、一人忘れませんか?
 剛太にも声をかけてあげないと可哀想じゃないですか
 剛太は希望じゃなかったのかぁぁぁ
 激しく気になる〜〜〜。



 
 あ、でも剛太もちゃんと生きてましたね。
 良かった良かった。
 剛太はやっぱりシルバースキンリバースが似合ってるなぁ。
 あの組み合わせはなかなか好きですよ〜。





 
 でもちょっと残念・・・。
 なんでカズキしか火渡戦士長に向かって行かないんだろ・・・。
 三人でかかればボコボコにできたかもしれないのにな・・・。


 まぁ火渡戦士長は大戦士長がボコボコにしてましたけどねっ


 ブラボーも大戦士長が助けてくれたみたいで良かった良かった
 ブラボー達の過去話はなかなか気になる内容でしたね。
 なんだか昔任務を大失敗したことがあったみたいですねぇ・・・。
 ちょっと若いブラボーとかちょっと雰囲気の違う千歳さんみたいな人とか・・・。
 そっちの物語も興味あるなぁ・・・。火渡戦士長が泣くなんて・・・、ちょっとびっくりかも?
 あのときの唯一の生き残りって斗貴子さんでしょうかね?
 掃除用具入れに隠れるなんて、機転がきいてましたよね。
 おかげで土石流とかからも身を守れましたしね〜。
 でもあの助かった少女・・・、なんで着物みたいなの着てたんだろ・・・。
 小学校で着物?う〜ん、不思議だ・・・。
 それに、もしもあの少女が斗貴子さんだとしたら、顔に傷が無いのが気になりますねぇ・・・。
 そういや、斗貴子さんの顔の傷っていつついたんだろ・・・。
 そもそも助けた少女が錬金の戦士になったりしたら・・・、助けた側はなんか複雑な気持ち?







 



 ヴィクターはやっぱり強かったですね〜。
 水中でも強いってすごいです・・・。


 でも・・・、あの連金の戦士が三人で使う武装錬金もなかなかかっこよかったなぁ。
 潜水艦も飛行機も最高でしたよ。


 まだあと4つも変形があるらしいですねぇ〜
 ぜひとも見たいですねぇ〜。
 それにしても・・・、彼らはなかなか良いノリでしたね。
 あのテンションは好きだなぁ〜。
 フォーメーションとか言うのもなかなか素敵ですしねぇ〜。(笑)


 



 いやぁ〜、それにしても今回は驚くことが多かったっすね。
 まさか忍者の人が生きてたとは・・・
 地中でしぶとく生き延びてたみたいですね・・・。
 なかなか生命力あるなぁ・・・。
 でも錬金戦団は今怪我人ばっかりですね。
 こんなんでヴィクターに勝てるのかなぁ・・・。
 


 カズキたちはいよいよ目的地に着くのかな。
 カズキが助かる方法が見つかると良いですねっ。
 それにしても、火渡戦士長の武装錬金の5100度が気になるなぁ。
 100度はどっからきたんだろ。キリが悪いからなんだか気になる。(笑)
 あと、5100度をどうやって計測したのかも気になるかな。
 計測器も蒸発しそうですよね・・・。






2007.02.16 Friday

武装錬金 20話の感想です

 武装錬金の20話「想いと力を込めて」の感想です。(ネタばれ注意)











 いやぁ〜、ドキドキな展開だったなぁ〜。
 こんなに熱いバトルを見たのは久しぶりでした〜。


 や〜、それにしても・・・、
 シルバースキンリバースを着た剛太は意外とかっこよかったですね
 なかなか似合ってるんですよねぇ〜。



 しかも斗貴子さんのためならカズキにエネルギードレインされても構わないってさ
 ひゃ〜〜〜、かっこいいこと言うね〜。
 ちょっと前まではカズキと犬猿の仲だったのになぁ。
 今回出番は少なかったですけど、なかなか剛太が好印象でしたっ。







 さてさて、ブラボーとカズキの戦いはちょ〜熱かったですね。
 前回の戦いではカズキあっさり負けちゃったからなぁ〜。
 今回は長いバトルになりましたよねぇ〜。


 夕方に始まったバトルがなんと朝まで続きましたからね


 あの人たちの体力はすごいですよね・・・。
 特にカズキ・・・、殴られたり蹴られたり吹っ飛ばされたり血を吐いたり・・・。
 あんなにダメージをいっぱい喰らってるのに何度も立ち上がる姿は感激でしたよ。
 




 しかもなぁ〜、今回はヴィクター化しないんだなぁ〜。
 仲間を傷つける戦いはしないんだとかっ
 それが信念らしいですね〜。
 いやぁ〜、かっこいいじゃないの。
 


 その信念のおかげで、ブラボーまで救いましたからねぇ〜。
 ブラボーはカズキとヴィクターを殺したあとに、部下殺しの罪人として自分を始末するつもりだったみたいですからね・・・。


 「冗談じゃないっ。冗談じゃないぞキャプテン・ブラボー


 とか言いながら立ち上がるカズキはかっこよかったなぁ。
 例え今敵だっとしても、カズキ的には救いたい命だったんですねぇ〜。


 「勝って・・・、勝ってあんたを死なせはしないっ
 「いいだろう


 エネルギー全開の一撃は強烈だったなぁ・・・。それを迎え撃つブラボーもやたらとかっこよかったですね。
 あんなにかっこいいシーンなんだから、あの一撃で決着がつくと思いましたよ・・・。
 カズキ・・・、エネルギー全開攻撃をはずしてるんだもんなぁ・・・。
 びっくりだったなぁ〜。
 でも追撃はかっこよかったですね。
 ブラボーとの思い出みたいなのが出てくる演出も感動的でしたよ。
 あ〜、やっぱりカズキは誰かを守ろうとするとやたらと強くなるんだなぁ〜。


 



 んでまぁ・・・、ブラボーと打ち解けてめでたしめでたし・・・、だと思ったんですけどね・・・。
 空から火渡戦士長がやってきましたね・・・。


 なんと火球に乗ってやってきましたよっ


 うっわぁ〜、あれ絶対おしり火傷しますよね・・・。
 なんで火渡戦士長は火の球に乗っても平気なんだろ・・・。
 つ〜か火渡戦士長・・・、このタイミングで現れますか・・・。
 その笑みはとっても悪役に見えるですよ・・・。
 あの人・・・、ホントに日々人々の命を守るために戦ってる人なのかなぁ・・・。
 カズキが主人公だからかもしれないけど・・・、敵としてしか出てこないから結構怖いキャラに見えますね・・・。




 ふむ・・・、カズキたちはこのピンチをどうやって切り抜けるのかな・・・。
 説得は通じなさそうですよね・・・。
 前に一度説得に失敗してますしね・・・。
 




 そういや斗貴子さんって最近あんまり戦ってないですね〜。
 今回も怪我してるしなぁ・・・。
 次に斗貴子さんのバトルを見れるのはいつ頃になるかなぁ・・・。







2007.02.09 Friday

武装連金 19話の感想です

 武装錬金の19話「君さえ守れれば」の感想です。(ネタばれ注意)










 あらまぁ、パピヨンが勝っちゃいましたね〜

 あんなにふらふらなのに、よく勝てたなぁ・・・。
 戦いの最中に相手の弱点を見つけるなんてすごいっすね。
 しかもパピヨンって戦部を殺さなかったような・・・。
 ん〜、ホムンクルスとは思えないですねぇ〜。
 他のホムンクルスはもっと残虐な感じなのに〜。
 せめて武装錬金だけもらっていけば回復とかに使えたのに〜。
 まぁカズキの目的地を知れただけで満足なのかな。





 
 カズキ達はついに火渡戦士長とかと戦闘に入りましたね。
 ん〜、まさか戦士長の攻撃を一発喰らっただけで戦闘が終わるとは思わなかった・・・。

 しかも戦士長帰ってるしっ!?
 カズキが生きてるかどうかも分からないのに〜。
 これじゃあブラボーと同じじゃないですか・・・。
 戦士長クラスになると、結構任務に対して雑になるのかなぁ・・・。


 

 
 んで、火渡戦士長がいなくなった後は忍者さんと剛太のバトルにっ。
 いやぁ、剛太が意外に強くてびっくりでした〜。
 剛太も相手の弱点を調べて戦ってましたねぇ・・・。
 意外と頭も良い?
 
 それしても、よく忍者刀の弱点に気づきましたよねぇ・・・。
 服に毛髪を編みこんでたのかぁ・・・。
 ん〜、髪の毛いっぱい消費しそうですねっ
 あの忍者さん、自分の服に全部髪の毛を編みこんでるのかなぁ・・・。
 なんだかとっても気になる・・・。





 剛太はモーターギアに忍者さんの血をつけて攻撃したんですねっ。
 あ〜、運が良かったですよねぇ〜。

 モーターギアに血がついてなかったら危なかったのではっ

 そもそも血がついてても、あれだけ回転する武器なんだから、血が吹き飛んでてもおかしくないですよねぇ〜。
 まぁ剛太ならちゃんとそこまで計算に入れてるのかな。
 とどめの攻撃は地中でしたね・・・。
 なんか地面が湿っていくのがすごい残酷に見えましたねぇ・・・。
 まぁ勝てたから良かったですけどね・・・。
 ん〜、斗貴子さんを守ってちゃんと勝つってかっこいいですねぇ〜。
 


 カズキももっと頑張らないと〜。
 そういや、カズキは迷子になってましたね・・・
 主人公・・・、バトル無しですか・・・。
 でも何故かブラボーが登場〜〜〜〜。
 このタイミングで来るか〜〜〜〜。
 あぁぁ・・・、これは今度こそカズキピンチかな・・・。
 前回の戦いもカズキのボロ負けでしたしね・・・。






 
 そういや、ヴィクター対錬金の戦士のバトルもありましたね・・・。
 秋水君大活躍でしたっ。
 さすがやねぇ・・・。でも逆胴とかでもダメージ与えられなかったような・・・。
 ヴィクターはやっぱり強敵ですね・・・。ヴィクターの武装錬金も強いですしね・・・。
 

 千歳さんの武装錬金は不思議な感じでしたね。
 レーダーにもなるし、瞬間移動もできる・・・。
 ん〜便利だ・・・。
 でもどうやって戦闘に使うんだろ・・・
 彼女の戦ってるところも見てみたいですねぇ・・・。







2007.02.03 Saturday

武装錬金 18話の感想です

 武装錬金の18話「逃避行」の感想です。(ネタばれ注意)









 「ぎゃふん


 斗貴子さんが・・・。
 あの斗貴子さんが・・・。
 なんかジョークを言ってたっぽいぃぃぃぃ
 あぁぁ、なんか今回は貴重なシーンを見たっぽいなぁ〜。
 



 剛太の返答もウケたっすよ。


 「おれが先輩に言わせたいのは、ぎゃふんじゃなくてうふんです」
 


 いやぁ〜、激怒する斗貴子さんが勇ましかったなぁ〜。

 しっかり剛太をボコボコにしてるのも斗貴子さんらしいですね

 逃避行してても明るいメンバーっすよねぇ〜。




 

 
 
 

 パピヨンは戦闘を開始してましたね・・・。
 3対1で戦うのかと思ったら、1対1での戦闘でしたね。
 相手の戦士さん・・・、仲間に置いてかれるなんてちょっと可哀想でしたね・・・。
 

 
 あ〜、でもあの戦部って戦士は強かったなぁ・・・。 
 体をコナゴナにしても復活するって、無敵っぽいですよ・・・
 ホムンクルスよりも修復能力高いですよねぇ〜。
 いやぁ〜、はっはっは、なかなかパピヨンもピンチなんじゃないかなぁ〜。
 


 そういや、戦部ってパピヨンのおしゃれを理解してましたね・・・
 ん〜、珍しいキャラクターさんでしたねぇ・・・。
 まぁ、戦部も全裸で戦闘してたりしますからねぇ・・・

 変態さん同士のバトル・・・。
 なかなか痛い感じかも・・・。
 どっちも強くてすごいバトルなのになぁ・・・。








 あ〜、そういやこっそり秋水君が出てましたね
 千歳さんは彼をヴィクター戦に使うつもりなのかなぁ。
 ん〜、彼の武装錬金って、ヴィクター対策になるのかなぁ・・・。



2007.01.26 Friday

武装錬金 17話の感想です

 武装錬金の17話「夜が明けたら」の感想です。(ネタばれ注意)










 桜花先輩再登場・・・


 うぉぉぉぉぉ、めっちゃ嬉しいですたい〜〜〜。
 しかも今回はなんだか腹黒かった〜〜〜。
 ん〜、意外な一面を見れて良かったかも。
 そういや、桜花先輩はコンピュータ詳しいんですねぇ。
 戦団の情報を盗み見れるなんて凄いですよ。


 んで、パピヨンも動きだしましたね。
 でもいきなり海水浴ですか・・・。
 しかもパピヨンらしい危ない水着って感じでした・・・。
 その姿を見て、エンゼル御前がショックで倒れてましたね・・・。
 しかも桜花先輩まで・・・、「ひぃぃぃ、なんかものすごい怖気が・・・」とか言っちゃってましたねぇ〜。
 離れた場所にいる桜花先輩にも衝撃を与えるなんて、パピヨンはすごいっすね〜。
 そういや、エンゼル御前がアナザータイプになってました・・・。
 あの姿はパピヨン的におしゃれらしいです・・・。
 








 とりあえずカズキは生き返っちゃったみたいですねっ。
 いやぁ、死んでてもエネルギードレインをするなんて便利ですよっ。
 ホント、良く復活する主人公ですよねぇ〜。
 でも斗貴子さんと剛太はものすごい疲労しちゃったみたいです・・・。
 まぁそれでもカズキが復活したから良かったすよね・・・。






 斗貴子さんとカズキのやりとりを見て、剛太は複雑な顔してましたね

 もしかして、嫉妬? 嫉妬?

 「立てません先輩」とか言って地面に寝そべる姿が、なかなか悲しい感じでしたねぇ。
 カタツムリにひっかかって転ぶ姿もなんかボロボロって感じでした。(笑)
 でもなかなか強くてびっくりしました〜。
 火渡とかいう戦士長としっかり戦ってましたよ。
 あのチャクラムの武装錬金はなかなか強そうです。





 んで、早朝に宿に戻るカズキと斗貴子さん。
 あ〜、斗貴子さんへの女性陣のつっこみが面白い・・・。

 カズキの催眠誘導もなかなか良い能力でしたねぇ。

 皆いっつも賑やかで良いですよね。 

 そういや、斗貴子さんとカズキが二人で一つの傘を使ってました・・・
 うお〜、なんかラブラブに見える〜。
 でも途中から剛太も入ってきた〜。
 ん〜、剛太って斗貴子さん想いでなかなか良いキャラっすね。
 カズキとこれからどんなやりとりがあるのか楽しみっす〜。
 これからカズキ達は、斗貴子さんの前の任務地に行くみたいですね。
 何か手がかりが見つかると良いっすね〜。



 武装錬金//
武装錬金//
黒崎 薫

▲top