夜空にあにめな日々

あにめの感想や色々な雑記を書き綴ります。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.01.30 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2006.11.05 Sunday

ツバサクロニクル 26話の感想です

 ツバサクロニクルの26話「明日のへのツバサ」の感想です。(ネタばれ注意)









 桃矢と雪兎、よ〜出るのぉ〜。
 まさかこの世界でも登場するとは思わなかったです・・・。
 しかも刀鍛冶かぁ〜。
 真っ二つに折れた刀を直せるなんて凄いっす。
 いったいどんな凄い力を持ってるんだろ〜。
 


 ほほほい。そんな感じで小狼君の刀が復活っ
 

 これで黒様も戦えるはずっ



 黒様ファンの私としてはやっぱり黒様の戦闘シーンが楽しみですっ。楽しみですっ。 楽し・・・・。



 はぅあーーーっ!?



 小狼君、二刀流ですっ



 めっさかっこいいですっ


 
 邪魔な鞘とかポイ捨てですっ。
 くぁぁ、黒様の戦闘シーンを見たかったけど、まぁかっこいいからいいや。
 
 でも二刀流ってあんがい難しいもんですよ?
 刀二本持ってりゃ前より強くなれるんじゃないかなとか甘い考えは危ないですよ?




 のあっ!?




 二本の刀が合体した?



 どういう構造?(笑)
 王様達が改造でもしたのかな?
 あのでっかい刀めっちゃ強そうですねぇ。
 あ〜やっぱりとどめは巨大化攻撃かぁ・・・。
 でかくなった刀を振り下ろす姿は、さすが主人公ってくらいにかっこよかったですね。


 しかも凄いことにですねぇ。


 小狼君が相手の攻撃を打ち返してるんだなぁ。


 剣を振ってるのに斬れずに打ち返すってどんな気分だろ・・・。
 なんだかバットみたい・・・。


 ま、それはともかくいよいよとどめの一撃ですっ。
 小狼君豪快に剣を振ってます。
 あ〜でもでも、あんまり本気でやっちゃだめですよ〜。サクラ姫からカオス救出要請が出てましたからねっ。



 ・・・とまぁそんな訳で、小狼君は攻撃を寸止めっ



 そして何故か鳥さんカオスは目が潤んでますっ。
 小狼君の一撃がよっぽど怖かったのかな?

 しかも涙がぽつりと・・・。


 
 あ〜、泣かせた〜
 つ〜か、なんで泣いてるんすか〜〜〜。
 敗北がそこまで悔しかったのかなぁ・・・。
 まぁ小狼君はめっさ強かったからしょうがないんじゃないかなぁ。


 ま、結局のところ皆無事で良かったですよっ。


 


 それにしても、カオスの正体はびっくりですねぇ。
 まさかサクラ姫の羽がいっぱい集まって意思を持ったものだったとは・・・。
 これならカオスがサクラ姫を追い求めてたのも分かります。


 でもホント、カオスが持ってた羽は大量でしたねぇ。
 サクラ姫の羽って全部で何枚なんでしょうね?
 彼らの旅はまだまだ長そう・・・
 そういや、モコナがめきょってならなかったのがちょっと残念・・・。
 もうちょっと反応が欲しかったなぁ・・・。
 それにサクラ姫の思い出も短かったですね・・・。
 あ〜、でも今回の思い出は悲しすぎますね・・・。
 小狼君がいるだろう場所に、誰もいないんですもんね。
 見てて涙が出そうでしたよっ。





 あ〜、なんかツバサクロニクル最終回だったみたいですねぇ・・・。
 ちょっとがっくし。
 最後に彼らが着いた世界はどこだったんだろか・・・。
 やけに綺麗な野原でしたね。
 

 あ〜、そういえば結局飛王の作戦は失敗したのかな。
 星火もあんまり活躍しないまま帰ってましたね・・・。
 彼女はどうやって次元を渡ってたんだろか・・・。
 そんなに何度も行ったり来たり出来るもんなのかな・・・。
 小狼君の秘密も何も語られてませんでしたね・・・。
 あ〜、もっといっぱい旅を見たかったな。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 3
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 3


2006.10.29 Sunday

ツバサクロニクル 25話の感想です

 ツバサクロニクルの25「凍てつくミタマ」の感想です。(ネタばれ注意)









 た〜いへんっ!この羽って偽者だよっ!




 どうやらカオスがくれたサクラ姫の羽は偽者だったみたいです・・・。
 くああっ、そうきましたかっ。
 が〜〜〜〜〜ん。
 なんでカオスがサクラ姫を好きになったのかは疑問だったんですけどね・・・。
 その疑問がまさかこんな形で解決してしまうとは・・・。
 サクラ姫とカオスの思い出には少しだけ感情移入してたのでショックでした・・・
 ああああ、思い出が砕け散る瞬間ってなかなか寂しいものですね・・・。
 





 あ〜それにしてもカオスのいる城って警備が厳重なのかそうでないのか微妙ですね・・・。
 普通門前から兵士が離れるかいな・・・
 モコナもファイさんも楽々潜入してましたねっ。
 しかもカオスも彼らを攻撃しなかったですし・・・。



 あっ、そういやファイさん達ってサクラ姫を置いて帰ったんですね・・・
 うわぁ・・・、なんかそれって微妙な心地だったろうなぁ・・・。
 捕らわれのお姫様に会いに来て、ちょっと会話しただけで帰っちゃうんですもんね・・・。
 あ〜しかも、決闘の申し込みまで受けてきてるし・・・。




 
 ま、そんな訳で小狼君が黒様の剣で戦闘です。
 黒様の修行のおかげか小狼君頑張ってますねっ。
 しかも今回は剣も折られてないです。
 これならいけるかっ。



 うお〜、なんか今回の戦闘はスピード感抜群でかっこいいですねっ。
 今までの戦闘の中でもかなり好きな方に入るかも〜。
 しかも小狼君がかっこいいんだなっ。
 蹴りがきまったときとか最高でしたよっ。



 でも結局試合は途中で終わりっ。
 個人的には最後まで見たかったんですけどねぇ・・・。
 サクラ姫と小狼君の会話がカオスには気に入らなかったみたいです。

 あ〜、そんな感じでサクラ姫が氷づけになってしまった〜。

 うわぁ、むっちゃ寒そう冷たそうっ

 あれってサクラ姫平気なのかいな。
 あ〜それと小狼君がカオスのお付きに吹っ飛ばされましたねっ。
 あちゃぁ、彼らって強かったんですね・・・。



 結局お姫様はまだ救出出来てないなぁ・・・。
 カオスの正体はあのでっかい鳥さんだったんですねっ。

 あの鳥さんが何でサクラ姫が必要なのか良く分からないなぁ・・・

 それは次回明らかになるのかなっ。
 星火もまだまだ何かやりそうですね。
 何を企んでるのか気になりますよっ。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.10.22 Sunday

ツバサクロニクル 24話の感想です

 ツバサクロニクルの24話「決意のナカマ」の感想です。(ネタばれ注意)





 

 ぐはぁ、全滅しちゃいましたねぇ・・・
 カオスは強いのぅ。
 



 でも小狼君もなかなか頑張ったんじゃないかなっ
 剣を使っての炎攻撃は威力抜群。
 あの黒様だって褒めてましたもんね。




 ただカオスが強すぎたなぁ。
 刀剣を用いたうつしみの術とかいうので回避してますもんね・・・。
 な〜んかカオスって戦いに余裕があるなぁ。




 でもうつしみの術でカオスが剣を手放した今がチャンスだ小狼君!
 さぁ攻撃だっ。攻撃するんだっ。
 あああ、なんかカオスが剣を遠隔操作で手元に呼び寄せたっ!?
 まぁカオスならそれくらい余裕か・・・。
 がしっと剣を掴んじゃいましたね・・・。
 がしっと・・・。
 がしっと・・・。


 
 ぎにゃ〜〜〜〜っ!!



 その剣、今小狼君の炎で燃やされたばっかりじゃないですか〜〜

 冷やさずに持ったら熱くないですか〜〜?

 あ〜熱くない?
 火傷とかしない?
 ん〜カオスはそれくらい凄い?
 少しくらい我慢してない?
 あ〜平然と戦ってるし・・・。
 やっぱりカオスは強いですね・・・。



 結局、小狼君も剣を折られて負けちゃいましたしね。


 でもカオスがサクラ姫の羽をいっぱい持ってるとは思わなかったなぁ。


 白モコナの、
 「めきょっ! きょきょきょきょきょきょきょ〜
 はなかなか可愛かったっ。



 今回の国はホントに羽がいっぱいですね。
 サクラ姫がぐっすり眠れそうです。



 でもそのためにはカオスを倒さないと〜。
 あ〜小狼君が少し悩んでる〜?
 でもファイさんのアドバイスで立ち直ったみたいで良かった良かった。
 良いですなぁ、仲間って。
 



 でもファイさんファイさん。
 こっそり音を使った魔法を使って何を作ってるんですか
 すっごく怪しい感じの料理ですね・・・。
 あれを飲めば元気になれるみたいですが・・・。
 なんだかあんまり飲む気が起きないなぁ・・・。
 材料とか何を使ったんだろか・・・。
 色とかが凄いですね・・・。



 黒様は珍しく侑子さんにお願いしてました
 でも侑子さんは聞き入れてくれませんでしたね・・・。
 結局今の黒様の刀を小狼君に託すことに・・・。
 あれ?もしかして黒様はしばらく戦わないのかな?
 ん〜結構残念かもっ。




 次回は捕らわれのお姫様の救出ですね。
 小狼君が勝つか、カオスが勝つか楽しみです。
 そういや、星火は何もしてないですねぇ。
 彼女の活躍はまだこれからかなぁ・・・。




 あ〜、そういやカオスが何でサクラ姫を愛してるのかも気になりますねぇ。
 サクラ姫の思い出の中にそんなシーン会ったかなぁ。
 まだ知らないエピソードとか残されてるのかなぁ。
 それともサクラ姫に一目惚れしたとか?
 ん〜〜〜、まぁカオスの思いなんかも含めて次回が楽しみだなぁ。
 今回の国のお話、結構長い感じになってきましたねっ。
 まさかこんなに長々とこの国にいることになるとは思わなかったなぁ。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.10.15 Sunday

ツバサクロニクル 23話の感想です

 ツバサクロニクルの23話「歪んだネガイ」の感想です。(ネタばれ注意)







 カオスさんのお誘いに返答するサクラ姫・・・。

 「できません




 ぬおああっ!?
 さ、さささささサクラ姫っ?
 マジですかぁぁぁ?
 

 カオスさんかっこいいじゃあないですかっ。
 サクラ姫が小さい頃に交わした約束を律儀に守ろうとしてるじゃないですか〜。
 あ〜、なんてこったい。
 おかげでカオスさんもキャラが変わっちゃっいましたしねぇ・・・。
 ま、そりゃショックだろうなぁ。


 
 でもカオスさんの話も無理がありますよね。
 いくらなんでも、小狼君達とさよならして二人旅を始めるなんてなかなか出来ないですよね。
 そもそもカオスさんって違う国に行っても強いのでしょうかね。
 彼の力はこの国限定の力なのでは?



 む?カオスさんが黒様と剣のバトルを始めた?
 あ、あれ?
 うっそ〜〜〜〜。
 黒様がぁぁぁ。負けたぁぁぁぁ
 信じられない〜〜〜。
 黒様って最強クラスの実力者だと思ってたのに。
 うぅぅ、ショックを隠せないですっ。
 黒様が負けるところをこの目で見てしまうとはっ。
 黒様はお父様の幻覚にも騙されない強い人だったんですよぉ。




 あ〜、カオスさんって剣の腕前凄いですねぇ。
 でも今回槍の使い手になってるファイさんはどうだろう。
 あ、ファイさん負けた。
 カオスさんは魔力も凄いらしい・・・。




 うぅぅ・・・、ひょっとして残ったのは小狼君だけ?
 さぁどうする小狼君っ
 黒様よりも強い相手に勝てるのかっ。
 まぁ次回が楽しみだなぁっと。
 でもまさかこの国の話が次回まで続くとは思わなかったな・・・。






 
 そういや、ちょびっと星史郎さんが出てきましたね。
 出来れば星史郎さん対黒様のバトルも見たかったかもなぁ・・・。



 今回はサクラ姫は丸一日近く眠ってたんですねっ
 いやぁ、長いなぁ。
 小狼君達が追っかけてたでっかい鳥の羽が集まったらどれくらい眠りこけるのか楽しみですねっ。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.10.08 Sunday

ツバサクロニクル 22話の感想です

 ツバサクロニクルの22話「羽王カオス」の感想です。(ネタばれ注意)







 うっひゃ〜。
 モコナの移動で、いきなり空中に出現しましたね〜。


 小狼君達大ピンチ!


 落下しながらも、いつものテンションで会話してるっていうのは凄いなぁ。
 まぁ賑やかな方が楽しくていいですけどね。
 雲の中を通って行ったりして、普段中々できない体験をしてましたねぇ。
 いきなりあんな状況になってもしっかりとサクラ姫の手を掴んでいる小狼君はさすがだなぁ。
 黒鋼さんはいっぱい喋ってて面白かったです。
 特にモコナとのやりとりが好きだなぁ・・・。
 やっぱりあの二人は仲が良いなぁ。







 結局、小狼君達が助かったのはタオの国の特殊な力によるものみたいですねぇ。
 小狼君達は皆そろって天せんっていうのになっちゃったみたいですねぇ・・・。
 あの国の人達は何年もかかってやっと天せんになれるのに、小狼君達は一瞬でなれてしまいました・・・。
 むむむ・・・、これが才能ってやつなのかな?
 なんだかあまりにも簡単に空を飛べてしまったのでびっくりです。
 




 羽王カオスは国の中で一番の力の神せんなんですね。
 小狼君達が来るのを知っていたし、なかなか凄いです。
 しかもなんだかかっこいい
 その上気前もいい?
 うはぁ・・・、なんだか凄い人だなぁ。
 いきなり食事でもてなしてくれたり、サクラ姫の羽を数枚もくれたりしてくれましたもんね。
 でもサクラ姫の羽はホントにいっぱいあったなぁ。
 あんなに一度に手に入ったのは初めてじゃないかな。
 サクラ姫もいつもよりも深い眠りについてるみたいです。
 いつ頃起きるんだろか・・・。
 夢もいっぱい見そうだなぁ。



 サクラ姫が寝てる間に、小狼君達は残りの羽探しですね。
 なんだか羽王カオスの行動が怪しいのが気になりますが・・・
 小狼君達はサクラ姫を置いて行って大丈夫なのかなぁ。





 とりあえず戦闘用の衣装に着替えた小狼君と黒鋼さんとファイさんはかっこよかったなぁ

 今回はファイさんも武器を持って戦うみたいですねっ
 槍とか上手に使えるのかなぁ。
 まぁファイさんの活躍が楽しみかも〜。
 それにしても敵の鳥さんでっかいですねぇ。
 しかもなんですか〜?
 あの鳥さんサクラ姫の羽を大量に持ってます〜

 あんなに大量の羽、サクラ姫に戻ったらいったいどれだけ眠りこむんだろか・・・
 うむむぅ・・・、まぁ記憶もいっぱい戻ることだし楽しみですねっ。



 あ〜、でもでもっ。
 なんだか小狼君達、鳥さんに撃墜されて、妖怪達に囲まれてますね。
 もしかして結構ピンチ?
 ん〜、どうなるんだろ・・・。
 






 そういえば、星火もついに動くみたいですねぇ。
 彼女がいったい何をしようとしてるのか興味あるかも〜。


 侑子さんもちょっとだけ出てましたねぇ。
 ホワイトデーにはまだ何も送って無かったんですね・・・。
 小狼君達はいったい何を送るつもりなんだろか。
 まだ何も考えてないのかなぁ・・・。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.10.01 Sunday

ツバサクロニクル 21話の感想です

 ツバサクロニクルの21話「はたらくサクラ」を見ました〜。
 感想です〜。(ネタばれ注意〜)








 あ〜、今回の小狼君は真面目君でしたね〜。
 いつぞやのでっかい図書館のときは強攻策に出てましたが・・・。
 やっぱり小狼君は紳士的な方が好きですよっ。
 真面目に働いて羽をゲットする方が達成感もありますしねっ。





 それにしてもサクラ姫の羽のついたブローチ、値段が高かったなぁ

 元は拾ったものなのに・・・。

 タダでゲットしたものなのに・・・。

 加工代もあるけれど、一緒についてる宝石が高いんだとか〜〜。

 ぬおぉぉぉ。
 なんてことでしょう・・・。
 拾い物でも宝石をつけることで高級品に変わっちゃうんですね・・・。
 これが商売ってやつかぁ・・・。
 まぁ、羽だけ譲るのは無理だろうなぁ・・・。
 宝石だけ残っても困るだろうしなぁ・・・。
 でもまぁ、あの宝石と羽はなんだかおしゃれな感じでしたけどねっ。
 




 それで結局お金を稼ぐことになった小狼君達。
 最初に売りに行った他の世界の物品はなんだか珍しそうなものばかりでしたね。
 あんなものいつの間にゲットしてたんだろ・・・。
 まぁちゃんと買い取ってくれるものなんですねっ。
 いくらだったのかも知りたいかも・・・。


 まぁそんな感じで最初は良い感じだったんですけどねぇ・・・。
 不景気だと職場探しは大変みたいですね・・・。
 小狼君もファイさんも黒鋼さんも仕事探しが大変そうでした。
 探し回っても見つからないみたいだしなぁ・・・。
 


 でもサクラ姫は簡単に職場が見つかったんですよね。
 桃矢さんと雪兎さんのお店の王様のビストロはなかなか好きな感じでしたっ。
 サクラ姫も調子良く働いてたのですがねぇ・・・。
 なんでか車が急に黒煙をはくからびっくりしましたよっ。
 そのせいでお店もしばらく閉店・・・。
 あちゃぁ・・・。
 運が悪いなぁ・・・。
 せっかく見つかった職場だったのにな。
 


 でもめげずに新しい職場を見つけるサクラ姫はすごいです。
 なんで彼女にはあんなに簡単に職場が見つかるのかなぁ・・・
 まぁ次の仕事は運転手さんで、サクラ姫には合わなかったらしくすぐにやめちゃいましたけどね・・・。
 ブレーキの場所も知らずに運転を始める白モコナとサクラ姫にちょっとびっくりでしたよっ。
 あの仕事は黒鋼さんとかに譲った方が良かったんじゃないかなぁ・・・。



 最後に見つけた仕事は酒場かな。
 怖そうな雰囲気でしたけど、全然平気でしたねっ。
 あきらかに敵みたいな人が出てきたときはどうなることかと思いましたけど、サクラ姫がピンチになると小狼君が駆けつけてくれるんですねっ
 いやぁ、あの登場シーンはかっこよかったっ。
 小狼君達は三人であのお店のガードマンをやってたんですね。 
 小狼君の武器は掃除道具ですか・・・。
 ファイさんの武器はダーツでしたね。
 どこから出したんだろ・・・。
 黒ぽんなんて剣を持ってるし・・・。
 剣なんていつ取り出したんだろ・・・。
 まぁ黒ぽんノリが良すぎて、お店の椅子も壊しちゃいましたけどね・・・。
 あんなに粉々に・・・。
 修理も無理ですね・・・。
 ありゃりゃ・・・。

 

 まぁちゃんとサクラ姫の羽に必要なお金が揃って良かったですね。
 今回のお話はなかなか好きだったなぁ。
 サクラ姫の過去のお話もほのぼのとしてて良かったですしねっ。
 ブローチを付けてみてるサクラ姫がなんだか可愛らしかったですよっ
 そのサクラ姫と一緒に笑顔になってる小狼君も良かったなぁ。 



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています〜。
  おもしろかったらクリックお願いします〜。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.09.24 Sunday

ツバサクロニクル 20話の感想です

 ツバサクロニクルの20話「秘術のゴクイ」の感想です。(ネタばれ注意)








 
 あ〜、今回は領主の息子さんが原因でしたか〜。
 なんて悪運の強い息子さんなんだろか。
 殺される寸前で空から羽が降ってくるんですもんね・・・。
 ものすごい偶然ですよね。
 

 キィシムさんも、自分で羽を取っちゃえば良かったのに
 もしかしてあんまり素早くないのかな。
 それとも息子さんの生きたい願望に負けたのかな。
 ともかく、羽を取られたせいでキィシムの国の人達が操られて大変でしたね〜。
 いやぁ、やっぱり羽の力は強力ですよね。
 人間の魂使ってキィシムの国の国民を操れるんですもんね。



 まぁ、順調に悪役が計画を進めて行ってましたけど・・・。
 また邪魔されちゃいましたね、小狼君に。
 羽を持ってるのにあんなに弱いなんてちょっとびっくりだったなぁ。
 小狼君がかなり余裕で勝ってましたね。
 

 まぁ小狼君強くなってるからなぁ。
 剣は修行中のはずなのに、むちゃくちゃ使い慣れてる感じがしますよね・・・。
 操られてる兵隊さんの頭にひっついてるやつを剣で斬るってすごいですよ・・・。
 むちゃくちゃ器用ですよ。
 あんなの黒様くらいの実力じゃないと無理だと思ってたら小狼君もやってたんですよね・・・。
 間違って頭を斬ったりしないのかなぁ・・・。
 こわいこわい・・・。(笑)
 まぁ途中から黒様に押し付けちゃったんですよね。(笑)
 小狼君もだいぶ黒様を頼るようになったなぁ

 


 今回の黒様は意外と地味でしたね。
 城門をいきなり破壊したところが一番派手なシーンだったかなぁ。
 圧倒的に人数が不利なのに、真正面から突入する根性に感服です。
 さすがですよね〜、でもたまには策を使って勝つ展開も見てみたいなぁ。



 おっ、そういえば小狼君と黒様が会話が出来たのは、二つの世界が近いからだったんですね。
 ようやく謎が解けましたよ。
 それにしても、モコナの絵は適当で下手だった・・・。
 ま、説明は分かりやすかったですけどね。





 サクラ姫は秘術を微妙に習得してるみたいですねぇ
 水面に浮かぶし違う世界に行くし・・・。
 凄い人ですねぇ。
 チュニャンもああいうこと出来るのかなぁ。
 あ〜、そういえばチュニャンは鏡を使わずに事態を収拾しましたね。
 かなり危険なことしてたなぁ・・・。
 まぁチュニャンの母もああいうことを昔やってたみたいですが・・・。
 今回のチュニャンの場合は・・・。
 別に・・・。
 なんというか・・・。
 チュニャンを倒さなくても、力持ちの人がちょっとチュニャンを移動させれば中に突入できたんじゃないかなぁとか思うのですが・・・。
 それをさせないチュニャンのすごさが秘術のゴクイなのかなっ。
 まぁそんな芸当が出来るんだから、いつかきっと母親みたな凄い秘術使いになるんだろうなぁ。
 でもせっかく鏡を持ってきたのにあんまり役に立たなくてちょっぴり寂しかったなぁ。



 あ〜、最終的に羽はモコナが持ってましたね・・・。
 またですか・・・。
 今回は仕方のない事情があるとはいえちょっと気になりますね・・・。
 まぁあの羽を取り出すときが楽しみだなぁ



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.09.17 Sunday

ツバサクロニクル 19話の感想です

 ツバサクロニクルの19話「二度目のクナン」の感想です。(ネタばれ注意)





 キィシムさん再登場
 やたらと懐かしいですね〜。
 でもなんだか大変そうな自体が発生してるみたい・・・。
 チュニャンもキィシムの味方をしてるから結構つらい立場みたいですねぇ。
 でも食料を売ってくれないのはどうかと・・・。
 残酷だなぁ・・・。
 敵に食わせる飯は無いってか・・・
 世の中ホント冷たいですね。
 まぁこっそりチュニャンのことを理解してくれてる人もいるみたいですけどね・・・。


 
 あ〜、でも・・・、秘術を使う女の子達が黒様たちを襲ってましたねぇ。
 あの女の子って凄いですよね・・・。
 なんてったって黒様に剣で仮面を割られてもたいして驚いてなかったですもんね・・・。
 自分の顔が怪我してないかとか気にならなかったのかなぁ・・・。
 う〜ん。
 図太い神経してるなぁ・・・。
 しかも黒様を返り討ちにしてましたもんね。
 いくら三人がかりといっても、それってかなり凄くないですかぁ〜。
 今まで黒様ってかなり最強クラスの実力者だったのに、あんな鏡の攻撃でダメージを受けるだなんてぇぇ。
 が〜〜〜ん。
 もっと黒様のかっこいいシーンを見たかったです。


 

 あ〜、そういえば、今回はやたらと黒様のチューにこだわってましたね・・・。
 むふふ・・・、白モコナの反応が楽しかったなぁ。
 やっぱり黒様とモコナは仲良しなんですねぇ。
  


 それとチュニャンの家が雨漏りしてましたね・・・。
 ファイさんに上手いことのせられて黒様が修理をしてました・・・。
 文句を言いながらも健気に働いてる黒様が渋いです・・・。
 トンカチを振ってるところも良かったなぁ。
 黒様っていっつも頑張ってますねぇ。





 結局、小狼君と黒鋼さんはキィシムの国に飛ばされちゃいましたね。
 他のメンバーはお留守番?
 なんか寂しいなぁ。
 あっ、そういえばびっくりでしたねっ。
 白モコナがついてきてないのに、黒様と小狼君が微妙に会話をしてました〜。
 お〜、どういうこっちゃね〜ん。
 実はあんまりモコナと距離が離れてないのかな?
 それとも会話っぽいセリフになってたのは偶然かな?
 ん〜、まぁとりあえず、これからのキィシムの国での展開が楽しみですよ〜。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。 



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ III


2006.09.10 Sunday

ツバサクロニクル 18話の感想です

 ツバサクロニクルの18話「ケロちゃんとモコナ」を見ました〜。
 感想です〜。(ネタばれ注意〜)







 あぁ・・・、懐かしいなぁ・・・。
 まさかツバサクロニクルでケロちゃんの勇姿を見られるとは思わなかったですよ。
 いやぁ、やっぱり彼のノリは好きだなぁ。
 喋りのテンポが良いんですよね〜。
 見た目も可愛いし〜。
 

 ちなみに、ケルベ国の守り神をやってるみたいですね。
 ほほぉ・・・、守り神ね・・・。
 でも救世主であるモコナを待っていたらしいです・・・。
 守り神なのに・・・。
 しかも救世主を迎えに行こうとして木にぶつかって気絶ですか・・・。
 守り神なのに・・・。
 あ、でも感動しましたよ。
 だってケロちゃん頑張るんですもん。
 崖を羽を使わずに登っていくその根性が素晴らしいですっ
 変なところで頑張る守り神ですねっ。
 かなり好印象です。
 手から出してた変な光線も凄いですねっ。
 羽を包んでたバリアを壊してましたよ。
 いやぁ、凄い力を持ってますね〜。




 今回、サクラ姫の羽を使ったのは蝶だったですね。
 いやぁ、びっくりしましたねぇ。
 まさか蝶が人間を小さくするなんて・・・。
 しかもあの蝶さん凄いです。
 あんなに標高の高そうな場所で生活してるんですもんね・・・
 モコナ達は雪とかに苦しめられてたのに・・・。
 なんて生命力の高い蝶だろうか・・・。
 ケルベ国は不思議な国だのぅ・・・。





 
 あ〜そうそう、モコナの皆で一緒に寝るっていう野望がかなってましたねっ。
 モコナの上で皆がひっついてる姿はなかなか良かったですよ。
 黒様もモコナの上にいましたもんね・・・
 黒様優しいのぅ・・・。
 小さくなる前はモコナと一緒に眠るの嫌がってたのに〜。
 あ〜、なんだか貴重なシーンを見れたなぁ。
 そういえば、モコナがさらっとサクラ姫の秘密を喋ってましたねっ。
 サクラ姫は寝相が悪いんだとかっ
 ほほぅ・・・、なかなか楽しい情報だのぅ・・・。
 ちなみにファイさんは耳に息を吹きかけるらしいです・・・。
 くすぐったいらしいです・・・。
 それはそれで楽しいなぁ・・・。


 サクラ姫の下敷きになってぺしゃんこになってたモコナが可愛かったです。
 それにしても、今回のサクラ姫の戻った記憶って、寝相の悪さの記憶ですか・・・。
 ん〜、これもモコナ達の頑張りで思い出せたことだと思うと、妙に感慨深いですね・・・。
 


 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします。 



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2


2006.09.03 Sunday

ツバサクロニクル 17話の感想です

 ツバサクロニクルの17話「五つ目のチカイ」を見ました〜。
 感想です〜。(ネタばれ注意です〜)







 黒ぽんは悪人顔っ!?
 具合が悪くてもモコナの毒舌は冴えてますね〜。
 相手がへろへろなので、おかえし出来ない黒様がちょっぴり可哀想かも。
 

 
 何故かレコルト国から脱出出来なかった小狼君たち。
 行く場所がないからって図書館に隠れるとは、なんて大胆なっ。
 君達、確か図書館から逃げてきましたよね・・・
 すごい度胸と発想力だなぁ・・・。


 で、まぁ、当然のようにまた出てきましたね、記憶の本の複製。
 むほ。むほほほほほ。
 前回はこれを見て鋼丸の泣ける過去が明らかになりました。
 さて、今回は?
 

 ホントは小狼君の過去を見ようとしてたんですけどね〜。
 黒様ったらドジですね〜。
 サクラ姫に見つかりそうになって隠れてる黒様がなんとも可愛らしかったですよ。
 いやぁ、まさかあんなシーンが見られるなんてね。
 レコルト国はやっぱり楽しいのぅ。
 

 まぁそれで結局今回もまた小狼君が黒鋼さんの過去を見ちゃったわけですよ。
 蘇摩と黒鋼さんの戦い良かったなぁ。
 知世姫まで出てきましたね。
 しかも、知世姫良い性格してます。
 未来永劫しもべになれだなんて、なかなか言えないですよね〜。
 銀竜ってそんなにすごい剣なのかなぁ。



 まぁ、黒様五つの誓いはなかなか見ごたえありました。
 最後に両親が出てくるのがまた涙を誘いますね。
 あぁ・・・、鋼丸のお話が思い出されますよ。
 また泣いちゃいそうです。


 そういえば、今回は小狼君って黒鋼さんの過去を見ても罪悪感を感じてなかったですね。
 黒鋼さんの自業自得だからかな?
 黒様は、あんまりその話にふれられたくもないみたいですね・・・。
 いやぁ、今回はホント色々な黒様が見れて満足でした〜。




 こっそりファイさんが魔法を使ってたっぽいですけど、あれは大丈夫なんでしょうかね。
 まぁレコルト国では色々とあってホントにみんなの絆が一段と増した感じですね。
 でもびっくりしたなぁ。
 レコルト国って気前が良いですねっ。
 羽を強奪していった連中に勲章をあげようとしてましたね。
 そんなにあの羽に困ってたんかいな・・・
 でもまぁさすがは小狼君、丁重にお断りしてましたね。


 さてさて、次はどんな国でしょうね。
 次回予告では懐かしい感じの声が聞こえてびっくりしました・・・。
 あの顔ってまさか・・・。
 あ〜、内容が気になります〜。



 
 ↑↑ブログランキングに参加しています。
  おもしろかったらクリックお願いします〜。



 ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2


▲top